Archive for ‘サンディエゴおでかけ’

08/29/2013

プリシーズン・フットボール観戦体験談

by 文

ゲストライター:サンディエゴにお住まいの記さんより

20130904-084803.jpg
先月29日に、サンディエゴのQualcomm Stadium で行われたチャージャーズ 対 49ers のプリシーズンゲームを観戦してきました。

私の応援する49ersは、サンフランシスコが本拠地ですが、当日は訪問地にもかかわらず、ファンが大勢、さすがカリフォルニア!

ゲームの日は、スタジアムの周りの幹線道路が大変混雑するので、早めに家を出てゲームの始まる前にスタジアムに入ることをオススメ! 早めにスタジアムに入ると、選手たちがウォームアップして20130904-084722.jpgいる模様も見ることができるのです。

私の座席は、スタジアムのずっと上にあるファミリーエリアで、アルコール禁止、下品な言葉も使ってはいけないフレンドリーな席で、初めてプロフットボールゲームを観に行った私にはぴったりでした!と言うのも、フィールドに近いプレイがよく見える座席は、値段も高いのですが、アルコールもOKなので酔っ払ったタチの悪いファンが多く、当日もゲーム中に2人逮捕されたり〜(笑)

プリシーズンゲームだと本ゲームとは違って、チームのいろんな選手のプレイが次々と見れ、レギュラーシーズンキックオフに向けて各選手の出来上がり具合や、意気込みをそばで感じることができるのです。

20130904-084749.jpg

私の応援する #7 Colin Keapernick 選手は、すでにレギュラーシーズンキックオフに向けて準備万端な様子で、怪我をしないように軽くウォームアップし、ゲームが始まって最初の15分間だけの出場でした。

昨シーズン、スミス選手(現カンザスシティ・チーフス)の怪我がきっかけでバックアップQBとして出場以来、Keapernickさんのそれまで隠れていた実力が、シカゴベアーズとのゲームで脚光を浴び、その後チームをスーパーボウルへと導いたのです。優勝こそ見逃しましたが、最後まで諦めず追い上げって行った根性は、チーム全体の今シーズンの意気込みに繋がっています。

私は、16年間アメリカに住んでいますが、ちょっと前までほとんどアメフトのルールも分からず、スーパーボウルのハーフタイムショーも『つまらない、くだらない』と言っていたほどです。あるきっかけで49ers のチーム名の由来を調べる機会があり、サンフランシスコの街が大好きなことも重って、3年ぐらい前から『アメフトって意外と面白い!?』と思うようになり、密かに49ersを応援するようになりました。

昨年のプレイオフの時期、ぐんぐんと良いゲーム結果を出していた49ers、もう隠してるのが我慢できず家族に暴露した時は、本当に気持ちがスッキリしたのを覚えています。

それからは、ミーハーな私の性格通り、ゲーム日は勿論それ以外の日でも、チームのTシャツやジャージを着ています。まさか自分が、NFLのゲームを観に行くなんて思ってもいませんでしたが、こちらでの生活が長くなる程、フットボールはアメリカ庶民の文化の中心だと強く感じます。

ゲームの日は、テレビの前で思いっきり応援しながら、ツイッターやFBでコメントする… これが、最近の私の楽しみになりましたよ。

皆さんも自分の州、または、大好きな街のチームを応援してみてはどうでしょう?

20130904-084819.jpg

Go 49ers!

07/11/2013

Mrs. Knottsのフライドチキン

by 文

ゲストライター:サンディエゴにお住まいの記さんより

1920年代に、ロードサイドに建つ小さなベリースタンドから始まって以来人々の注目を集め、現在もスリルある乗り物と美味しいアメリカンフードが人気の秘密であるBuena Park市のナッツべりーファーム☆ ナッツベリーファームの歴史は、ディズニーランドがオープンするずっと前から始まるものなのです!

テーマパークの中は、アメリカ西部の歴史をそのまま再現された建物ばかり~パークで働く人々も当時の服装です。パークの中に博物館もあって静かに西部パイオニア時代の歴史を学ぶこともできます。

今回、私が行った一番の目的は、以前フードネットワークで紹介されたMrs. Knott’s Chicken Dinner (レストランの名前) のフライドチキンを食べに行くことでした。『自分で体験して初めて自分の意見が言える』という信念に生きる私、今回はフライドチキンについてレポートです!

ミセスナットのフライ20130714-213910.jpgドチキンメニューは、先ず最初にホームメイドビスケットから始まります。

ひとくちサイズビスケットの焼きたてが運ばれてきて、私はボイズンベリージャムを付けて食べました。

次にサラダとスープ。スープはチキンヌードルかチェリー・ルバーブかどちらかの選択~私と夫は、ルバーブにして三女はチキンヌードルにしてみました。

20130714-213938.jpg

甘くてわずかにチェリーの酸っぱさを感じるコールドスープ、意外にも?!美味しくて暑い中遊びまくった身体をリフレッシュ。

チキンヌードルは、シチューに近い感じで味もまろやか~寒い時期は絶対こちらを選ぶ!

20130714-213919.jpg

そしてその後にメインのチキン。 一人分でもチキンの半分(胸、もも、手羽先、ドラム)~その量に『ここはアメリカ!』と納得してしまいました。

フライドチキンの衣が薄く丁寧につけられていて、しかもKFCやポパイの様に衣の塊が無い。外はカリカリ、中はとっても柔くて味わい深く、それでいて油っぽい感じが全くしない!

味は塩とコショーだけと思うけど、なぜか上品さを感じる文句無しの美味しさ♪ これを食べたら、KFCなんてもう食べれない!

20130714-213947.jpg

メインのフライドチキンの後は、お決まりのデザート。当日は、アップルパイが売り切れで私は、ブルーベリーアップルパイを注文しましたが、夫が注文したボイズンベリーパ20130714-213927.jpgイ(オススメ)の方が美味しかった!

量が量なのでほとんどお持ち帰り用になりましたが、普段質素な物ばかり食べてる(食べさしてる)ので、たまに外で食べるアメリカンフードも良いなと!

南カリフォルニアには、数多く有名なテーマパークが沢山ありますが、朝から行って色んなローラーコースターに乗ったりして遊びたい思うのは私だけじゃないと思います。お腹が空いたからって昼間からドカンッと食べていたら、乗り物でスリルを味合うどころか、昼寝して終わりになっちゃいます。

そこで私の提案! 昼間はおにぎりやパン、スナック(うちの場合はビーフジャーキーとかナッツ)等軽いものを持参、又は現地で購入したのを食べて思いっきりスリルのある乗り物を楽しんだ後ゆっくり夕食を食べるなんていかがでしょうか? 今回も私達はその様にして、結果は大満足〜♪

03/11/2013

Peppertree Farm乗馬教室~サンディエゴ

by 文

ゲストライター:サンディエゴにお住まいの記さんより

今回は私の次女と三女が通う”乗馬教室”を紹介します~

娘達の通うのは、ダウンタウンサンディエゴから車で25分離20130325-132936.jpgれたPowayという町のPeppertree Farmsの中に所属するBriarwoodというRiding Schoolです。

一般の考えでは、自分の馬を持っていないと乗馬レッスンは出来ないものだという考えの人が多いかと思いますが、大抵の乗馬教室ではレッスン用の馬が確保されています。 自分の馬を利用する場合はレッスン料金が少し安くなるわけです。

Briarwoodの先生は、屠殺場からレスキューして再トレーニングをした馬を2頭レッスンに使っており、レッスンの合間に定期的に馬のトレーニングをしながら Good Horsemanship・乗馬術 の基本を教えてくれます。 (私も一緒に話を聞く~)

20130325-133029.jpg生の方針でレッスン用の馬は、一日一回だけのレッスンの割り当てになっています。 その理由は、何度も下手な子供のレッスンに一日中使われると馬は疲れて言う事を聞かなくなるからです。 以前ニューメキシコ州に住んでいた時に通った教室の馬たちがそうでした。午後からのレッスンに行くと、午前中にすでに2つもレッスンを済ませた馬は疲れ果てて殆どレッスンにはなりませんでした。 馬も一日一回のレッスンだと集中するし、乗る側からしても 疲れて言うことを聞かない馬にイライラする事もなく乗馬技術を磨くことができるのです。レッスン料金を払う親の立場として、ここまで考慮されている先生の方針ほど有り難いことはありません!

乗馬にも色んな競技がありますが、現在娘達が習っているのはジャンピングとdressage~

20130325-132958.jpgPeppertree Farmsは、6つのBarn/馬小屋、2つの競技場、電気設備もされている広場数箇所 だけでなくTrailも含まれる50エーカーという大土地! この施設(Peppertree Farms)にはBriarwood以外にも2軒のRiding Schoolがあり、合計三軒のRiding SchoolがこれらのPeppertree Farmsの施設を利用しているわけです。

私は毎回一緒にレッスンに行くのを楽しみにしています~娘達と一緒に馬にブラッシングしたり、餌をあげる手伝いをしていると心も体も癒されます

20130325-133009.jpg

乗馬レッスンに興味のある方は、是非一度Peppertree Farmsを訪問してみてください~☆

『いつか馬の世話が毎日できるようになるといいね~』と娘達と言いながら今日もまたレッスン終了の馬にブラッシングするのでした。

20130325-133021.jpg